現在のページ : ホーム

肉割れの原因

急激な体型の変化によって皮膚が伸び縮みしてしまうことで発生するのが「肉割れ」という症状です。
一度跡が付いてしまうと完全に治療する方法がないとすら言われており、美容的に大きな問題となることもあるでしょう。
それでは、そもそも何故肉割れが発生してしまうのでしょうか。
肉割れが発生しやすい原因としては、大きく3つのものが考えられます。
まず最も多いのが「肥満」による発生です。
それも、急激に体重が増加して体型が変わってしまった場合に発生しやすくなっています。
急激に肥満を起こすと皮膚がひっぱられるごとによって真皮に傷がついてしまい、これが跡になって残ってしまう、というわけです。
皮膚の表面部分であれば比較的早くに治るものの、真皮は入れ替わりが遅いために中々治りません。

次の原因として「妊娠」があります。
妊娠も肥満と同様にどうしても急激な体型変化が起こります。
この場合はお腹だけではなく、お尻や乳房などにも発生する可能性があります。
マタニティライン、妊娠線というような名前で呼ばれることもありますが、起こっている症状自体は肥満によるものと変わりません。
そして最後の原因であるのが「成長」による肉割れです。
急激に成長したことによって様々な箇所に発生してしまう可能性があります。
肥満に比べて可能性は低い上に、対処がしやすいために予防しやすく、発生する可能性を自分でコントロールすることが可能です。
それでは、この先では肉割れの予防方法について紹介します。